MENU

計画概要 Outline

計画概要 Outline

学ぶ楽しさ
つながる喜び
広がる世界
Concept

創価学園の教育は、「⽣命の絶対的尊厳を基調とした⼈間主義」という池⽥⼤作先⽣の理念を根本とする創価教育である。また、創価学園が⽬指すものは学園⽣を「創造性豊かな世界市⺠」へと育成していくことである。「創造性豊かな世界市⺠」とは、「いかなる環境にあっても、そこに意味を⾒いだし、⾃分⾃⾝を強め、そして他者の幸福へ貢献しゆく⼒」があり、「全ての⼈と共に幸せになりたい」との本源的な願いのもと「誰も置き去りにしない」思いやりの⼼を持ちながら、主体的に「平和と共⽣の地球社会を創造しゆく」⼈である。

こうした理想の教育を実現するための⽅針は、池⽥先⽣が定められた教育⽅針「健康な英才主義」「⼈間性豊かな実⼒主義」である。

「健康な英才主義」の実践としては、成⻑したい、学びたいという児童・⽣徒が本来持っている内発性を引き出しながら、児童・⽣徒に内在する能⼒・好きなこと・得意なことを⾒つけ認め伸ばして⾃信をつけることである。また「⼈間性豊かな実⼒主義」の実践としては、創価教育の⽗である牧⼝常三郎先⽣が実践されていた創価教育の神髄である「対話による学び合い」の授業などを通して、互いに⼈格をみがきながら学⼒をつけていくことなどが挙げられる。さらに、創価教育学の実践に学びつつ、ICT も含む最先端の教育技術を組み合わせた新しい創価教育を実践しながら創り上げていきたい。合わせて、新しい成⻑発達観を構築し、12 年⼀貫の理想の創価教育を構築することになる。この新しい創価教育は、⼦どもたちのための新たな取り組みを続ける中で、実証的・科学的に検証されながら、常に刷新し続けていくことになる。

この理念・⽅針のもと、新しい校舎で⽣き⽣きと学ぶ児童・⽣徒の様⼦を思い浮かべながら、実現したい教育は何かと考えを進め、全教職員の思いをうけつつ、コンセプトを「学ぶ楽しさ つながる喜び 広がる世界」とした。

学ぶ楽しさ
「学ぶ楽しさ」は、開放的で刺激的な環境で学習する中で、学びは本来楽しいものであることを発⾒し、⾃分⾃⾝を⼤きく豊かにしていくものであることに気づかせていく事をイメージしている。
つながる喜び
「つながる喜び」は、学習内容、異学年、教員、保護者、地域、兄弟校、卒業⽣、社会、世界、そして師弟のつながりを築く環境の中で、⾃らの⽣き⽅を⾒つけ出していく喜びを表している。
広がる世界
「広がる世界」は、児童・⽣徒から内発的な⼒、無限の可能性を引き出し、世界観・価値観を広げていく事であり、「未来に⽻ばたく」姿をイメージしている。そして、応⽤の勇気、変化をいとわぬ勇気、そして新しい価値を創造していく⼼を育てていく。